ギター楽器機材

禅駆動の自作(自作エフェクター)

更新日:

エフェクター自作などのまとめページ


受注生産(製作代行)始めました。詳しくはこちらから


禅駆動を作りました。

  • 部品表
    ネットに落ちている回路図で
  • 部品価格 / 市販品価格
    約  2k /  30k以上
  • 作業難度(★★★★★(5)が一番むずかしい)
    ★★★☆☆
    基板上はそれほどでもないが、potが4つに3色LEDスイッチがあるので、配線が多く取り回しが大変。
  • 満足度
    ★★★☆☆
    ダンブルモードが、クリーンなんだけど歪んでいるという感じ(意味不明ですけど(笑))で、レンジの広い音が出てお気に入り。

    (追記)
    禅駆動モードのダイオードをBAT41にしてみたところ、中音域が厚くなり好みの音が出るようになりました。ということで今は禅駆動モードがお気に入り。

 

まずは完成品。

自分はやっぱり5mmのLEDはあんまり好きじゃないな。まぶしすぎる。赤い3mmLEDで十分視認性高いです。まあこの機種の場合3色LEDを使うので5mmを使う必要があるわけですが。
(追記)
制限抵抗を追加して10kくらいにしたら眩しくなくなりました。赤青緑で輝度が違うのであまり大きくすると赤が全然光らなくなってしまいます。

背景デザインはなかなか貝っぽく出来た気がします。

完成品
完成品

 

 


 

 

基板をサイズに割って綺麗に端をヤスリがけ。

基板
基板

 

ドリルで小さい穴をいくつか開けてあとはヤスリで四角い穴にしていきます。

スライドスイッチの穴あけ
スライドスイッチの穴あけ

 

わりと綺麗にできました。スライドスイッチはhttp://www.garrettaudio.com/さんの型番SS009です。

わりと綺麗にできました
わりと綺麗にできました

 

こんなデザインで
こんなデザインで

 

綺麗にできました
綺麗にできました

 

カーボンコンポジットも使ってます。コンデンサはboxタイプはArcotronics/KEMET、電解コンデンサはLelon。あとUPZとか。まあ適当に余っているやつです(笑)。

はんだハンダ
はんだハンダ

 

配線が多く面倒
配線が多く面倒

 

完成品
完成品
LEDスイッチ周りの実体配線図
LEDスイッチ周りの実体配線図

 

 

最初はダイオードを1N34Aにしていたんですが、これをBAT41にしたところ好みの音が出るようになりました。ちなみにBAT46も試しましたが、微差ですがBAT41のほうが好みでした。BAT46のが好きな人も多いと思うので、いろいろと試してみるといいと思います。

DをBAT41にしてみた
DをBAT41にしてみた

 

 

前半をFulltenderで、後半をZenkudoで弾いたものです。Zenkudoのスイッチは真ん中(ダンブルモード?)です。

 

 

 

 

 

 

 

フッター広告







フッター広告







-ギター楽器機材
-,

Copyright© salmomoのさるもも , 2017 All Rights Reserved.