Klon Centaurの製作(自作エフェクター)

エフェクター自作などのまとめページ


受注生産(製作代行)始めました。詳しくはこちらから


  • 部品表・回路図
    (素人の独自調査なので以下の記述は間違っている可能性もあります)
    回路図は、May,2008とApril,2009の二種類があります。今回はApril,2009 バージョンで製作。
    http://tagboardeffects.blogspot.jp/2014/05/klon-centaur-with-optional-bass-control.html
    部品定数は回路図の指定通り。
    R5/R7などはXiconの金属皮膜抵抗を使用。Xiconに無い(つまりGarrettaudioに無い)定数のものは、422kがTRW、392kはDALEを使用。
    電解コンデンサは全てFine Goldを使用。
    フィルムコンデンサはC11はGBQ(Garrettaudio)のBOXタイプ。それ以外は全てECQV。
    C8/C13はXiconセラミック、C14はCDCセラミック。タンタル1uはVishay/Spragueを使用。
    昇圧用ICはTC7660CPA(これは結局TC1044SCPAを使用)。
    D2/D3は1N34A、D4は1N4742。
    ICはTL072CP(Texas Instruments)。
    全てGarrettaudioで入手したと思います。
    レイアウトは http://blogs.yahoo.co.jp/cohzyyy/2303980.html さんのを元に自分好みにカスタマイズ。
    特にDPDTのフットスイッチ周りは、回路図と同じように配線。(上記http://tagboardeffects.blogspot.jp/2014/05/klon-centaur-with-optional-bass-control.htmlの回路図の配線方法。ただしBassポットは付けていません)
  • 作業難度(★★★★★(5)が一番難しい)
    ★★★★☆(4)
    ICが三つに抵抗とコンデンサで部品点数50個以上。中級〜上級者レベルだと思います。
  • 満足度
    ★★★★☆(4)
    かなり倍音の多い豊かな音がします。オーバードライブ好きならこれは作っておくべきでしょう。YoutubeではKalamazooと似ていましたが、実機では音圧などの面でかなり違いを感じました。
    枯山水はGainゼロでもけっこう歪んでしまうので、軽く歪ませた音が出せるケンタウルスは重宝します。ただしGain3時以降の深い歪みは枯山水のほうが好きです。

 

まずは完成品

完成品です。トゥルーバイパスでなくKlonバッファありで作りました。

エフェクトオフ時でもバッファを通るので電池消耗します。Inputジャックを外しておけば消耗しません(電池マイナスをジャックのRingに配線しないといけませんが)。

Klon Cetaurクローン完成品
Klon Cetaurクローン完成品

 

 

製作

部品点数が50を超えて、かつ小さくするために経路が複雑なので大変でした。

使ったユニバーサル基板は22✕19穴です。

 

最近は一発で音出しテストを完了していたんですが、複雑なのでやっぱりミスりました。

普段は人様の回路図でも、自分できちんとdiy-layout-creator を使って書きなおしていたんですが、面倒なので手書きで修正入れながらやっていたのも失敗でした。

やはりきちんとやることが結局は早道なんですね。

ミスした箇所はGNDのつけ忘れと、ハンダ忘れでした。

GNDのつけ忘れはわかりにくかったです。ごちゃごちゃと触っていると音が出たり消えたりするので、レイアウトをよく見て気づきました。基板からGNDに配線してねーじゃんって(笑)。

レイアウトでは基板からのGND配線が明確に書かれていないので注意が必要です。(Vol potの外側がGNDに接しているかもしれませんが…詳細は分かりません)

ハンダ忘れは、音が小さいのでこれは電圧が怪しいと思ってテスターを当ててみると、昇圧されて17Vくらいが出るはずなのに、全然昇圧されていない(つまりIC-072CPの8番pinに9Vのまま供給されている)。これはハンダ面をよくチェックして見つけました。

 

ちなみに二連ポットを使いますが、配線にPOTの上下は関係ありません。

ケースに入れて完了
ケースに入れて完了

 

ケースに入れて完了。しかしアンプでテストしたところ、キーンという高周波ノイズが出てしまっています。

おそらく電源だろうと思い、昇圧ICを変更したら消えました。

最初は回路図で指定されているICL7660SCPAの互換品と思ってTC7660CPAを使用していたんですが、これをMAX1044の互換品のTC1044SCPAに変えてみたところノイズは消えました。

 

かなりお気に入りの一台です!

ですが、もう作りたくありません!(笑)

 

↓読んで面白い役にたったイイネ!と思ったらポチってください

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログへ



以上本文終わり(1,578 views)







1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントスパム対策のため、計算の答えを入力願います *
Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.