ソフトウェア 自作エフェクター

Kicad 攻略【V4系からV5系への移行】

投稿日:

3日かけて作って保存したxxx.kicad_pcb(いわいるパターン図)が、次の日エラーが出て開けなくなりガーバーが出力できないという事態に遭遇した。試しにv5.1.2で開いてみたら開けたので、v5に移行することにしました。

以降、ハマった所やV5で変わったところのメモです。
私はkicadの専門家ではなく、これは対処療法的なメモですので、ご使用は自己責任でお願いします。

  1. 寸法図がインチで計測される
    解決方法は、設定のところにある「レガシーツールセット」に入っているチェックを「モダンツールセット」に変える。V4では表示のところにあったOpenGLとかなんとかの設定がここに移動してきたみたい。ちなみに寸法図を書かなくても距離を計測できるようになったが、それも「モダンツールセット」じゃないと動かない。

  2. ガーバーを出すときに「シルクからパッドを除外(exclude pads from silkscreen)」という項目が増えた。なにこれ?
    いろいろ調べたところv5でパッドの上にシルクが乗っかっている(塗られている)フットプリントがあるとのこと。v4から移行するとなるらしい(?)
    それが嫌なので、パッドの上にシルクが塗られないようにするオプションだと思われます。(たぶん・・自己責任で)

  3. デザインルールはどこに行った?
    基盤セットアップの中にある。遠いよ(笑)

  4. 配線情報が書かれているdsnファイルはどこに行った?
    「ファイル」>「エクスポート」の中にある。これまた遠くなった(笑)。ちなみに自動配線後のファイルspectraセッションファイルは「インポート」から読み込む。

  5. 保存のとき、一番左が「変更を廃棄」で間違えて押しそうになって怖い。

(順次追加していきます)

 

フッター広告







フッター広告







-ソフトウェア, 自作エフェクター
-, , , ,

Copyright© salmomoのさるもも , 2019 All Rights Reserved.