iMac(Early 2008)にSSDを載せる(準備編)

 

交換終了しました。こちらを御覧ください。→ iMac(Early 2008)にSSDを載せる(作業編)

 

 

 

自分のiMacが遅くなってきたので、HDDをSSDに交換します。その準備のメモです。

iMac (Early 2008) – 技術仕様(iMac325)

必要な部品・工具

  1. SSD。多少値は張るがネットで評判のいいコレにします。
  2. トルクスドライバーT-6,T-8 (プラスでもマイナスでもない星型のドライバーです)
    ちょっと大きめの100均でも売っています。
  3. 吸盤。iMacのガラスを引っ張ってはがすため。100均のキッチンで使うような吸盤フックで十分。
  4. 掃除機とかエアダスター。

前準備

  1. 買ってきたSSDを接続してフォーマットしておく。iMac分解してからでは不良品でした、では徒労になるので。
    こういうものがひとつあると便利です。
  2. TimeMachineにて作業直前状態をバックアップしておく。
  3. Bootcamp領域がある場合は別途バックアップが必要(自分は今回Bootcampを捨てるつもりなので不要)。Wincloneが便利らしい。

SSD換装

  1.  参考サイト様を参考にしてSSDに換装。
  2. TimeMachineにてSSDに環境を移行する。

 

これでできるはず!

 

参考にさせていただいたサイト様

ありがとうございます。

↓読んで面白い役にたったイイネ!と思ったらポチってください

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・ブログ村



以上本文終わり(3,606 views)







1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントスパム対策のため、計算の答えを入力願います *
Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.