ギター用品のオススメ(弦・ピック・スタンド・ケーブル・メンテ・パーツ)

guitar-907654_1280自分が使っているものばかりで、かつ値段の安いものを紹介しています。

エレキギター弦比較レビュー

弦のメーカーや種類について

エリクサー(ELIXIR)はコーティングがしてあって、最初から最後まで音の変化が少ない長持ちする弦です。夏場はサビることがないのでありがたいですが、お値段は高いです。

NanowebよりPolywebのほうがコーティングが厚いです。確かに感触に違いはありますが、音に関しては並べて弾かないと分からないほど微妙な差です。コーティングが厚いぶんだけPolywebのが少し長持ちという話です。

多少、Nanowebのほうが普通の弦の音に近い感じがします。

自分は夏場はエリクサーを使い、それ以外の季節はアーニーボール使います。

同じような値段でダダリオもありますが、弾いた感じとか音質とかが自分の好みなのがアーニーボール。それだけの理由です。これはご自分で確かめていただくほかありません。

最近はPLAYTECHの激安弦も使っています。レビューはこちら。→ Playtech(プレイテック)の激安弦を試してみた

結論から言うと何も問題ないです。ただアーニーボールなどと比べると音質的に劣る面があるので、ライブやココ一番という時にはアーニーボールや自分のお気に入りのやつを使い、普段の練習にはPlaytechを使うっていうスタイルで問題ないと思います。

エレキの弦の太さ(ゲージ)について

太さ(ゲージといいます)にも様々なものあります。

最近では09-42というのがメーカーから出荷されるギターに張られる標準的なゲージになりつつあります。

パッケージには1弦から6弦まで太さが書いてありますが、注意して見るのは1弦の太さと6弦の太さです。

またダダリオやSITには090でなく095とか中途半端なものもいろいろあるので、これもまず自分で確かめてみることをおすすめします。

弦といってもしょせん針金みたいなものですから、細ければ柔らかく太ければ硬いです。そして一般的に柔らかいほうが弾きやすく、硬いほうが弾きにくいです。

しかし太いほうが音に厚みや豊かさがでたり、テンションの高い音が出たりするので、演奏性と自分の演奏技術に合わせて選ぶとよいと思います。

009は初心者向けとか010は上級者向けとか言いますし、自分も初心者には009をすすめますがこだわり過ぎはよくないです。最近は弾くのが楽なので、ずっと009を張っています。

エレキギター弦【009 - 011 - 016 - 024 - 032 - 042】

一番細く柔らかい。初心者や女性はこの弦で始めて徐々に慣れてゆくのがよいです。しかし最近ではFenderストラト(主力商品のアメリカンデラックスやアメリカンスタンダード)の出荷時に張ってあるゲージが09-42なので、時代の流れでこれが標準ゲージでかも。

エレキギター弦【009 - 011 - 016 - 026 - 036 - 046】

6弦側が少し太くなっている弦。低音の厚みが増します。

エレキギター弦【010 - 013 - 017 - 026 - 036 - 046】

標準的な太さの弦。慣れてきたら一度張ってみるのをおすすめ。
サウンドハウスでは弦1本から日本全国どこでも「送料無料」

エレキギター弦【010 - 013 - 017 - 030 - 042 - 052】

6弦側も太くなっている弦。6弦側はかなり太く感じますが、いい低音が出ます。

アコースティックギター弦比較レビュー

アコギもメインのやつにはエリクサーです。家で弾いてるだけなんで、長持ちしてほしいからです。下手したら半年くらい替えません。 マーチンのは定番です。値段もマーチンのギターと違って安いです。その代わりに寿命は短いですが・・・。 サウンドハウスでは弦1本から日本全国どこでも「送料無料」

guitar-picks-233714_1280

ピック比較レビュー

ピックなんてほんと好みなんで、コメントするのもあれなんですが・・・。

現在(2015年)はESPのをメインに使っています。ESPの文字のところがザラザラになっていて滑りにくい加工がしてあります。いろいろ試してみましたが、じぶんにはこの大きさの滑り止めがベストなので、これを使っています。

Jazzシリーズはソロが多めのときや、Jazzを弾くときって感じです。JAZZ III XLの赤と黒は微妙に硬さが違い、黒のほうが硬いです。これもJIM DUNLOPとかJAZZ IIIとかいう文字が凸になっていて滑りにくくなってます。

(余談)...昔は滑り止め付きピックなんかなくて、カッターで傷を付けていたものでした...

硬さは、硬い順に JIM DUNLOP / ULTEX JAZZ3JIM DUNLOP / JAZZ III XL/BLACKJIM DUNLOP / JAZZ III XL/RED > ESP / 1.0mm という感じです。

ピックの大きさも比較してみました。 一番下はESPのトライアングル、真ん中はJIM DUNLOP / JAZZ III XL/REDで、一番上はJIM DUNLOP / ULTEX JAZZ3です。

写真はそうでもないですが、1番小さいJIM DUNLOP / ULTEX JAZZ3は、トライアングルに慣れている人にはかなり小さく感じると思います。JIM DUNLOP / JAZZ III XL/REDで慣れるのがいいと思います。

ピック大きさ比較
上からエリック・ジョンソンピック< ESPウルテム < ESPトライアングルです。

下の写真は左からJim Dunlop ULTEX = エリック・ジョンソン < JAZZ III XL = ESPウルテム < ESPおにぎりです。

ピック大きさ比較
ピック大きさ比較

ピックの話はこちらでも書いています。エリック・ジョンソンピックと小物購入 とか ESPの新しいウルテム・ピックを購入

サウンドハウスではピック一枚から日本全国どこでも「送料無料」

ギターケーブル(ギターシールド)

高いシールドはいくらでもあるので、それについてはノーコメント。

カナレは値段としては安いですが、基本的な作りがとてもしっかりしていて、20年経ってもガリ一つ出ません(経験談)。 決して最新のめちゃくちゃ柔らかいシールドでもないですが、普段使いには十分柔らかいです。 黒を使っている人が多いですが、自分は黄色とか赤とか使っています。人とかぶらないので、部活やサークルとかで無くしたりすることがないですよ(笑)。

ギタースタンド

もっと安いものもありますが、ネックを立てかけておくタイプは長時間だとネックに負担がかかります。 このタイプはボディで支えるので、ネックに負担がかからず、かつ安いのでおすすめです。 千円しない価格で作りもしっかりしていて、角度も三段階に変更可能です。

裏はこんな感じ
裏はこんな感じ

ギターが増えてきたので複数本立てかけることのできるものも買いました。レビューなどはこちらからどうぞ

 

メンテナンス用品

Lemon OilSCLEANERは弾き終わったあとに弦を拭きます。FINGEREASEは手の滑りをよくするスプレー。

 工具類

ギターパーツ

↓読んで面白い役にたったイイネ!と思ったらポチってください

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・ブログ村



以上本文終わり(7,575 views)