書籍漫画読書

2014年6月の読書メーター

投稿日:

2014年6月の読書メーター

読んだ本の数:75冊(過去に読んだ本も含む)
読んだページ数:18680ページ(過去に読んだ本も含む)
ナイス数:220ナイス

犬坊里美の冒険 (光文社文庫)犬坊里美の冒険 (光文社文庫)
読了日:6月30日 著者:島田荘司
シドニアの騎士 1 (アフタヌーンKC)シドニアの騎士 1 (アフタヌーンKC)
読了日:6月28日 著者:弐瓶勉
マンガで分かる心療内科 1 (ヤングキングコミックス)マンガで分かる心療内科 1 (ヤングキングコミックス)感想
完全にギャグマンガとして読んでます(笑)。
読了日:6月28日 著者:ゆうきゆう
万能鑑定士Qの事件簿 I (カドカワコミックス・エース)万能鑑定士Qの事件簿 I (カドカワコミックス・エース)
読了日:6月28日 著者:神江ちず
僕らはみんな河合荘 1 (ヤングキングコミックス)僕らはみんな河合荘 1 (ヤングキングコミックス)
読了日:6月28日 著者:宮原るり
当て屋の椿 1 (ジェッツコミックス)当て屋の椿 1 (ジェッツコミックス)
読了日:6月28日 著者:川下寛次
高校球児 ザワさん 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)高校球児 ザワさん 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
読了日:6月28日 著者:三島衛里子
もやしもん(1) (イブニングKC (106))もやしもん(1) (イブニングKC (106))
読了日:6月28日 著者:石川雅之
ヒストリエ(1) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(1) (アフタヌーンKC)
読了日:6月28日 著者:岩明均
3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
読了日:6月28日 著者:羽海野チカ
COPPELION(1) (ヤンマガKCスペシャル)COPPELION(1) (ヤンマガKCスペシャル)
読了日:6月28日 著者:井上智徳
ぼくは麻理のなか(1) (アクションコミックス)ぼくは麻理のなか(1) (アクションコミックス)
読了日:6月28日 著者:押見修造
ソロモンの偽証 第II部 決意ソロモンの偽証 第II部 決意感想
第一部の長い長いながーーい導入部から一気にスピードアップ。裁判の準備に奔走する生徒たちの奮闘が、爽やかな青春小説風に展開され心軽やかに読ませる。一方の大人側の大出親父の狂言放火やモリリンの傷害事件は生臭く、このへんの書き分けはさすが。しかし藤野刑事は娘に捜査上の秘密をペラペラ喋りすぎだろう(笑)。それになんといっても最初は嫌々とか言いながらノリノリで「僕の法廷」と言い切る井上康夫くん、最高です(笑)。第一部の長い導入部は無駄ではなかった。登場人物が生き生きと動いている。果たして真実は光か闇か…
読了日:6月27日 著者:宮部みゆき
虚像の道化師 ガリレオ 7虚像の道化師 ガリレオ 7感想
★★★☆☆(3.5)ガリレオシリーズ第7弾。短篇集のために人物描写、心象描写に深さはないものの、第7弾ともなれば草薙、内海、ガリレオ先生のキャラも安定してる故、続けて読んでいる人にはそっちの面白さもある。サクッと読める箸休め的大衆エンタメ小説(褒めてます)。
読了日:6月26日 著者:東野圭吾
ソロモンの偽証 第I部 事件ソロモンの偽証 第I部 事件感想
長い!(笑) 説明や描写がいちいち冗長でちょっと読み疲れることもあるが、その積み重ねがこの後に続く物語をより深く理解することになるんだと信じて…。まだまだ建築で言えば土台を作っているあたりなのか? 外堀をしっかり埋めている段階? でも物語はとても興味深く面白いです。
読了日:6月25日 著者:宮部みゆき
46億年の100大ニュース46億年の100大ニュース
読了日:6月25日 著者:渡辺健一
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
読了日:6月25日 著者:アガサクリスティー
ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
読了日:6月25日 著者:アガサ・クリスティー
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
読了日:6月25日 著者:アガサ・クリスティー
アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
読了日:6月25日 著者:アガサクリスティー
親指のうずき (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)親指のうずき (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
読了日:6月25日 著者:アガサ・クリスティー
重版出来! 1 (ビッグコミックス)重版出来! 1 (ビッグコミックス)
読了日:6月25日 著者:松田奈緒子
自殺島 コミック 1-10巻セット (ジェッツコミックス)自殺島 コミック 1-10巻セット (ジェッツコミックス)
読了日:6月25日 著者:森恒二
ちはやふる(22) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(22) (Be・Loveコミックス)
読了日:6月25日 著者:末次由紀
ちはやふる(21) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(21) (Be・Loveコミックス)
読了日:6月25日 著者:末次由紀
ちはやふる(23) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(23) (Be・Loveコミックス)
読了日:6月25日 著者:末次由紀
ちはやふる コミック 1-20巻セット (Be・Loveコミックス)ちはやふる コミック 1-20巻セット (Be・Loveコミックス)
読了日:6月25日 著者:末次由紀
かもめ★チャンス コミック 1-19巻セット (ビッグコミックス)かもめ★チャンス コミック 1-19巻セット (ビッグコミックス)
読了日:6月25日 著者:玉井雪雄
聲の形(2) (少年マガジンコミックス)聲の形(2) (少年マガジンコミックス)
読了日:6月25日 著者:大今良時
聲の形(1) (少年マガジンコミックス)聲の形(1) (少年マガジンコミックス)
読了日:6月25日 著者:大今良時
惡の華(4) (少年マガジンコミックス)惡の華(4) (少年マガジンコミックス)
読了日:6月24日 著者:押見修造
惡の華(2) (少年マガジンコミックス)惡の華(2) (少年マガジンコミックス)
読了日:6月24日 著者:押見修造
惡の華(3) (少年マガジンコミックス)惡の華(3) (少年マガジンコミックス)
読了日:6月24日 著者:押見修造
惡の華 (8) (講談社コミックス)惡の華 (8) (講談社コミックス)
読了日:6月24日 著者:押見修造
惡の華(7) (少年マガジンコミックス)惡の華(7) (少年マガジンコミックス)
読了日:6月24日 著者:押見修造
惡の華(9) (少年マガジンコミックス)惡の華(9) (少年マガジンコミックス)
読了日:6月24日 著者:押見修造
惡の華(1) (少年マガジンKC)惡の華(1) (少年マガジンKC)
読了日:6月24日 著者:押見修造
惡の華(10) (少年マガジンコミックス)惡の華(10) (少年マガジンコミックス)
読了日:6月24日 著者:押見修造
とめはねっ! 5 (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 5 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:6月24日 著者:河合克敏
とめはねっ! 4―鈴里高校書道部 (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 4―鈴里高校書道部 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:6月24日 著者:河合克敏
とめはねっ! 3―鈴里高校書道部 (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 3―鈴里高校書道部 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:6月24日 著者:河合克敏
とめはねっ! 鈴里高校書道部 2 (2) (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 鈴里高校書道部 2 (2) (ヤングサンデーコミックス)
読了日:6月24日 著者:河合克敏
とめはねっ! 鈴里高校書道部 7 (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 鈴里高校書道部 7 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:6月24日 著者:河合克敏
とめはねっ!鈴里高校書道部 11 (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ!鈴里高校書道部 11 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:6月24日 著者:河合克敏
アイアムアヒーロー 9 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 9 (ビッグコミックス)
読了日:6月24日 著者:花沢健吾
アイアムアヒーロー 10 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 10 (ビッグコミックス)
読了日:6月24日 著者:花沢健吾
アイアムアヒーロー 12 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 12 (ビッグコミックス)
読了日:6月24日 著者:花沢健吾
アイアムアヒーロー 13 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 13 (ビッグコミックス)
読了日:6月24日 著者:花沢健吾
アイアムアヒーロー 5 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 5 (ビッグコミックス)
読了日:6月24日 著者:花沢健吾
アイアムアヒーロー 4 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 4 (ビッグコミックス)
読了日:6月24日 著者:花沢健吾
アイアムアヒーロー 3 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 3 (ビッグコミックス)
読了日:6月24日 著者:花沢健吾
アイアムアヒーロー 2 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 2 (ビッグコミックス)
読了日:6月24日 著者:花沢健吾
アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
読了日:6月24日 著者:花沢健吾
あさひなぐ 4 (ビッグコミックス)あさひなぐ 4 (ビッグコミックス)
読了日:6月24日 著者:こざき亜衣
あさひなぐ 7 (ビッグコミックス)あさひなぐ 7 (ビッグコミックス)
読了日:6月24日 著者:こざき亜衣
あさひなぐ 8 (ビッグコミックス)あさひなぐ 8 (ビッグコミックス)
読了日:6月24日 著者:こざき亜衣
あさひなぐ 9 (ビッグコミックス)あさひなぐ 9 (ビッグコミックス)
読了日:6月24日 著者:こざき亜衣
あさひなぐ 10 (ビッグコミックス)あさひなぐ 10 (ビッグコミックス)
読了日:6月24日 著者:こざき亜衣
麒麟の翼 (特別書き下ろし)麒麟の翼 (特別書き下ろし)感想
★★★☆☆(3.5) 加賀恭一郎シリーズ第9弾。安定した面白さと読みやすさ。シリーズなので少なくとも「赤い指」「新参者」と順番に読むのをお薦めしたい。金森さんと加賀恭一郎の今後に注目!?(笑)
読了日:6月24日 著者:東野圭吾
白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)感想
★★★☆☆(3.5)人里離れた山荘、連続殺人事件、密室、暗号、関係者一同に会しての謎解き、と思いきや二転三転。さながらミステリの幕の内弁当。それを水準以上の出来で書ききる筆力。しかし出来すぎで余韻がなくなるというジレンマも。小説って不思議。
読了日:6月23日 著者:東野圭吾
家族喰い――尼崎連続変死事件の真相家族喰い――尼崎連続変死事件の真相感想
極悪非道。人間て恐ろしい。
読了日:6月22日 著者:小野一光
赤い指赤い指感想
★★★☆☆(3.5)加賀シリーズ第7弾。怒りと感動の間を心が大きく揺さぶられ、最後には涙でした。間違った親子関係が主題でミステリが脇役ですが、後半には隠し味的プロットはあり、そこはさすが東野圭吾作品です。文字も大きくそれほど長くなく読みやすい。
読了日:6月22日 著者:東野圭吾
学生街の殺人学生街の殺人感想
★★★☆☆(3.5) 学生気分が抜け切れない「半人前な街」で起こる連続殺人事件。過去の一つの過ちから始まる切ない思いが交差する人間ドラマ。初期の東野圭吾作品の物悲しさが堪能できる。密室トリックもあり、ミステリーとしても面白い。解決したかに思えてもう一回ピークがあったりと読み応えあります。
読了日:6月19日 著者:東野圭吾
卒業 (講談社文庫)卒業 (講談社文庫)感想
★★★☆☆(3.5)長編としては二作目になる初期の東野作品。加賀シリーズ第一弾。いわいる学園ミステリーもの。密室のトリックが奇抜でポカンとしてしまったが、お茶会のトリックは緻密であり、解けないと思った瞬間「実は…」的などんでん返しもあってとても楽しめた。人物の描写も生き生きとしていてさすが東野圭吾という感じ。しかしそれほどキャラが立っているわけでもないのに、この加賀恭一郎をシリーズ化したのは何故なんだろう。ここから成長させようと最初から思っていたのかな。
読了日:6月16日 著者:東野圭吾
イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)感想
★☆☆☆☆(1)面白いと聞いて読んでは見たものの…。最後の2行が衝撃と聞いていたので、頑張って読みましたが、大して面白くもない小説を読まされた感じ。露骨な性描写も途中で飽きさせないための仕掛けなのかと辟易しました。B面の途中あたりから、なんとなく結末が分かり始め、あとは惰性で進み最後の2行も読んでも「やっぱり」という感じでした。
読了日:6月15日 著者:乾くるみ
サリン事件: 科学者の目でテロの真相に迫るサリン事件: 科学者の目でテロの真相に迫る感想
サリン事件を科学者の目から解説した本。その方面の知識のある人ならとても有用な本ではないでしょうか。自分にはそういう素養がないので、化学式などは難しくて読み飛ばしてしまいました。副題の「…真相に迫る」は、うーん、あまり迫ってる感じはしませんでした。これは著者が悪いのでなく多くを語らない元教祖・元オウム信者のせいですけどね。
読了日:6月14日 著者:AnthonyT.Tu
ロートレック荘事件 (新潮文庫)ロートレック荘事件 (新潮文庫)感想
★★☆☆☆(2) 帯書きからして叙述トリックの匂いがぷんぷんしていて、やめておこうかと思ったけど、名作と言われているので読んでみた。読み進めると、最初から工藤だけフルネームで書かれてるのに違和感があり、2章でいきなり語り手が変わるので、登場人物が一人足りないような気がしていたけど、そういうことだったか。やっぱり叙述トリックは苦手だ。後から読み返すのも面倒。物語としてはよく出来てるけども…。
読了日:6月13日 著者:筒井康隆
パラドックス13 (講談社文庫)パラドックス13 (講談社文庫)感想
★★★☆☆(3) ミステリでなく近未来SFアドベンチャーです。未知の物理現象がパラドックスを引き起こすという設定が、難しすぎることもなく、かといって簡単すぎることもない絶妙なさじ加減なのはさすがです。結末は予想できる話ですが、途中も中だるみすることなく、SFだからと言って突飛な飛躍や無理な展開もなく、安心して読めました。とどまる人間と先に行こうとする人間のせめぎ合い。映画ポセイドン・アドベンチャーを思い出しました。
読了日:6月10日 著者:東野圭吾
眠りの森 (講談社文庫)眠りの森 (講談社文庫)
読了日:6月9日 著者:東野圭吾
眠りの森 (講談社文庫)眠りの森 (講談社文庫)感想
★★★☆☆(3.5) 加賀シリーズ第二弾。初期の東野作品に流れる物悲しさを堪能できる作品。ハラハラ・ドキドキといったエンターテイメント性には多少欠けるかもしれないが、加賀のラブロマンスを含めてじっくり静かに心に染みる佳作。
読了日:6月9日 著者:東野圭吾
流星の絆 (講談社文庫)流星の絆 (講談社文庫)感想
★★★☆☆(3.5) 途中から親父が犯人じゃないなと思っていたけどそう来るとは!びっくりした。(正確にははっきりしてないが)妹だけが警察に行かないような雰囲気にちょっと引っかかる。確かに兄達にとっては最初に流星群を見に行って寝てしまった小さい妹のままというのを表してるんだろうけども。罪は罪としてきちんとしてほしい。あのままじゃ妹だけが悪者になってしまう。東野作品にしてはちゃんと結末がはっきりしていてスッキリはするが、もっと東野さんには読者をジレンマで悶絶させるような鬼畜であってほしいとも思う(笑)。
読了日:6月9日 著者:東野圭吾
悪の教典 上 (文春文庫)悪の教典 上 (文春文庫)感想
★★★☆☆(3.5) 途中で20回くらい「わっるい奴やなー」って呟きながら読みました。そんな本です。ハードカバーではかなり厚い本ですが、内容は(こんな言葉あるか分からないが)殺人エンターテイメントで、さくさく読めました。あまり読後感がいいとは言えないですが、サイコホラーモノとしてはかなり面白いです。
読了日:6月5日 著者:貴志祐介
悪の教典 下 (文春文庫)悪の教典 下 (文春文庫)感想
★★★☆☆(3.5) 途中で20回くらい「わっるい奴やなー」って呟きながら読みました。そんな本です。ハードカバーではかなり厚い本ですが、内容は(こんな言葉あるか分からないが)殺人エンターテイメントで、さくさく読めました。まああまり読後感がいいとは言えないですが、サイコホラーモノとしてはかなり面白いです。
読了日:6月5日 著者:貴志祐介
十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)感想
★★★☆☆(3.5) 1987年初版ということで少し古臭く感じるところもあるが、トリックは面白く今でも十分楽しめる本格ミステリ。自分は推理しながら読むのはあまり好きでなく、純粋にミステリとしての物語を楽しみながら読むのが好きなのだが、「そして誰もいなくなった」形式の本作だけに今回は珍しくメモしてたりして犯人を推理しながら読んでみたが、最後の二人になっても青司が犯人と思っていました。探偵の才能の無い私はこれからも推理読みはやめにして物語を楽しむことにします。
読了日:6月4日 著者:綾辻行人
テルマエ・ロマエVI (ビームコミックス)テルマエ・ロマエVI (ビームコミックス)感想
なんか突然終わったように思います。もともとここまでやる気がなかったのを、盛り上がってしまって引っ張ってしまった感じ。続・テルマエに期待します。
読了日:6月3日 著者:ヤマザキマリ

読書メーター

フッター広告







フッター広告







-書籍漫画読書
-,

Copyright© salmomoのさるもも , 2017 All Rights Reserved.