癒し歌

【癒し歌】熊木杏里 水に恋をする

更新日:

インタビューで「好きなものは何ですか?」と聞かれ「水」と答えるほどの水が好きな熊木杏里。

「水」と言っても飲む為の水ではなく、形があるようでないようで、まとわりつくようで離れるようで、そんな水の自由な姿に惹かれての事だと思います。

熊木杏里、中期の名曲です。すごく良い歌詞ですので、歌詞を楽しんで欲しいです。

ぼんやりして見えるのは ぼく自身なのに
形をなさないものが 好きで見とれてしまう なぜなんだろう
流れてゆく先々で 色や姿まで 変ってゆく 水のように
ぼくは ぼくは生きたいのかもしれない

 

 

フッター広告







フッター広告







-癒し歌
-

Copyright© salmomoのさるもも , 2017 All Rights Reserved.