ギター楽器機材

ストラトの弦落ちについて

更新日:

ストラトのネックを外して、ネックの反りを直したあとくらいから、一弦がすごく弾きにくくなった、調べてみると弦落ちという状態の一歩手前のようだ。簡単にいえば、弦が端に寄りすぎて指板からこぼれてしまう状態のこと。
まったく(リイシューだけど)オールドストラトというのは、反りを直すだけでネックを外さなきゃいけなかったりで手間のかかる子です。
で直志方いや直しかたは、ネック裏の四本ねじを軽くゆるめておいて、上下左右に力を入れて押しながら、いいかんじにバランスを取って締め直すというこれまた原始的なもの。

写真は調整後です。ちょっと6弦側に傾けすぎた(^^)。まああんなハイポジの6弦なんて弾かないから別にいいっちゃいいんだけどね。
こっちはレスポール。ネックが太いのもあるんだけど、さすがバランスとれてます。弾きやすい。

フッター広告







フッター広告







-ギター楽器機材
-, , , , , ,

Copyright© salmomoのさるもも , 2017 All Rights Reserved.