グランパス

グランパス2010総括 全選手編

更新日:

独断と偏見にて選手を語ります。愛のある目線を心がけて書きます。

試合の総括はこちら
 グランパス2010総括 その1
 グランパス2010総括 その2

背番号 選手 POS 感想
1 楢 GK 2010リーグMVP。今年からは、名古屋専属守護神。
近年は怪我がちで何試合か欠場していたけども、今季はフルタイムフル出場。戦術楢とも言える「コース限定して遠目のシュートを楢に任せる」ために、被シュート数はリーグワースト2位。だけど失点数はベスト3。
今年はいつにもましてスーパープレイが多く、毎試合確実に一点は防いでいた。弾くとビッグプレイに見えるが、弾けるコースが無いと瞬時にキャッチに変えていると思う。そういうところが地味にすごい。
「失点」という書籍も発行した。題名はネガティブなものだが、実はポジティブで勇気の出る内容なので、鯱人なら読むべし。
ホームガンバ戦の宇佐美のシュートを止めたのは凄過ぎる。ホーム神戸戦もポポのFKを止めたのも凄かった。というか凄かったとか書き始めるといくら書いても足りない。
でもGKの真価はそこじゃなく、難しいのも何もなかったように止めることがすごいことなんですよね。(失点より)
2 竹内 DF あまり出場機会は無かったが、ホームガンバ戦で増川の代役を務めたのは見事。終盤戦に闘莉王が怪我がちな中、ベンチメンバーとして貢献してくれた。選手会長お疲れ様。ブログはなんとかしろ(^^)。
3 千代反田 DF 頼れるバックアッパー。
開幕前には増川のポジションを取るかと期待されたが、「かなり特殊な戦術(千代たん談)」のために迷う日々。それでも腐らずにベンチには常に入り、闘莉王を前に上げるときには最終ラインには入って守備を固めてくれた。同点や勝ってる場面でDFとして投入されるプレッシャーは相当なものだと思うが、問題なくやってくれる姿は頼もしかった。後半戦に闘莉王が怪我がちになると、先発で使われ試合勘ももどり、さすがJ1レギュラークラスの実力を見せてくれた。来てくれてありがとう。
4 闘莉王 DF 名古屋を変えた男。2010ベストイレブン。
結果より内容を求めがちで、大人しかった名古屋を変えた。勝利という結果こそが全てと言い切り、チームメイトにもそれを言わせる強烈な闘争心。外(浦和時代)から見ると中から見るのでは、人の印象は全然違うんだな。外から見てるとそれが勝つためには何でもやる男に見えて、うざく感じるんだな。
決定力は言わずもがなだが、DFからゲームを組み立てるロングフィードが見事。「マヤは見て蹴るが、トゥさんは見えていて蹴る(アベショー談)」
敵としてしか見てなかったので、ちんたらやる選手としか見ていなかったが、シュートでは体を投げ出すし、きちんと当たりに行くし、読みもするどいし、基本に忠実なプレイを高レベルでこなす選手。さすが代表。
普段はシャイで人見知りらしい。最初のトヨスポ合流日にまるで転校生のように一人ぼっちで居心地悪そうにしていた闘莉王が懐かしい(^^)。が、楢先輩とマッキユーキのサポートによって徐々に溶け込んでいった。
5 増川 DF 今年もっとも覚醒した男。2010ベストイレブン。
2009年はマッスーがDFラインでボールを持つとスタジアムがざわついていたほど、足元に不安があったのにどうしたんだ今年は。
いやそれまでも兆候はあった。相方のマヤの出来がよいとマッスーの出来もよかったのだ。マッスーは相方の影響をモロにうけるタイプなのだ。
その巨体を活かしてのシュートブロックは見事。マッスーが体を投げ出さなかった(出せなかった)場面ではかなりシュートを決められていた。戦術楢(前述)のためにかなり体に当たり痛かったと思うが、全グラサポならずチームメイトも歓喜した自身初のベストイレブンでそれも報われた。
6 アベショー DF 左サイドから名古屋のゲームを作る男。
序盤はアレックスの後塵を拝していたけど、しばらくして不動の左SBに。闘莉王の加入でロングフィードは減っていったが、左側をマギヌンと玉田で細かく崩すという新たな一面を見せ始めた。来年はリーグ初得点を。
7 直志 MF 中盤のバランサー。序盤は怪我で出遅れる。今年は4-3-3のIHを任せられて、持ち前の攻撃力が復活。ゴール前にもよく顔を出すようになったけど、シュートがいまいち、とか思っていたら、ホームガンバ戦ですごいのがキタ!
直志が全速力で戻ってくるところにピンチの芽あり。ダニが覚醒するまでは相変わらずの狩人っぷりを見せてくれた。
そして結婚おめでとうございます(^^)
8 マギヌン MF 退団が決まっている最終戦でゴールを決めるなんて、普通の選手にはできないよ。
中盤でノラリクラリとリズムをずらしてくれたマギヌン。今年は守備にも頑張った。個人的にはマギヌンがよく守備してるといい試合になっていたので、それをバロメーターにしていたところがあった。09のアウェイガンバ戦の決勝ゴールを忘れない。
ありがとうマギヌン。http://salmomo.blog31.fc2.com/blog-entry-157.html(動画)
9 ブルゾ MF なぜか印象に残る男。磐田戦でのハーフラインからの開始一分のシュート。優勝争いできつい中、ホーム大宮戦でいいシュートを決めてくれたと思ったら、その後靭帯断絶で全治6ヶ月。待ってるよブルゾ。
10 小川 MF 今年は去年よりもさらに苦労した背番号10番。ただ出場試合は34試合と全試合に出ているんだけど。どんなポジションもそつなくこなす器用さがあだになっている感があるが、それも特徴。そしてそれが一段高いレベルになったとき再び10番は輝くはず。案外直志の後継者は小川かも。
11 玉田 FW 全グラサポが言う「なんでベストイレブンじゃないの?」 433ならベストイレブン間違いなし。
怪我がちだった前半戦と失意のワールドカップをはさんだ中断後はキレキレの動きに。自己ベストのゴール数。中盤でのつなぎ。(割とまじめな)守備。そして優勝を決めるヘッディングゴール。文句なし。
結婚おめでとうございます(^^)
14 吉村 MF 開幕スタメン。前半戦はベテランらしい落ち着いた動きでチームをまとめた。中断中に骨折という大きな怪我をしたが、優勝決めた試合で復活し、直志とペナントを持つ姿に涙した。
16 ジョシュア FW 2010ベストイレブン。2010得点王。
20ゴール行って欲しかったが、終盤は腰をかばいながらでこの成績は立派。前半戦はケネディの高さを利用して勝利を重ねた。後半戦は、ケネディも戦術に慣れてきたのか、自ら指示を出し選手を動かすなど、チームの主力としての意識が出てきたように思う。
普段はジョーク好きなナイスガイだが、試合ではやられたらやり返す結構熱い男。髪は短いほうが似合うと思うよ!
17 FW チームの潤滑油。闘莉王をチームになじませた功績は大きい。来年は、湘南にレンタル。試合で出続ければ得られるものがあることは、津田が証明してる。巻も頑張れ!
19 恵太 FW 今年は優勝を決めた湘南戦のクロスが唯一にして最大の見せ場。
ほんとにスーパーゴールやスーパークロスをたまにやる、持ってる男。残念ながらお別れになってしまったが、低迷期を支えてくれたことや、サポに正面から向きあってくれたことは忘れない。
ありがとう俺達の恵太。http://salmomo.blog31.fc2.com/blog-entry-156.html(動画)
20 ダニルソン MF 今年一番成長した男。名古屋のバイタルスカスカ病をひとりで解決してしまった。2010ベストイレブン。
開幕当初から出ていたけど、その有り余る身体能力を持て余し気味だったのが、ナビスコカップと中断期間のキャンプを挟んで覚醒。後半戦の出来だけでベストイレブンを獲得してしまう快挙。
ダニは是非スタジアムで見て欲しい。テレビだとその凄さは半減。ホーム京都戦で敵の3メートルを後ろから走りだして、あっと言う間に追いついてカウンター潰したのは圧巻。たまに自作自演っぽいのもあるけど、それもまたエンターテイメント。
21 西村 GK (ごめん、今季はあまり見れてません)
22 橋本 MF 天皇杯の札幌戦で見れた。まずまずのスピードとトリッキーなプレイを披露していた。最近ではああいうプレイをする選手はいないので、そのまま成長してくれたら面白いと思った。
23 松尾元太 DF (ごめん、今季はあまり見れてません)
24 福島新太 MF (ごめん、今季はあまり見れてません)
25 夢生 MF 名古屋のコーナーキックゲットマシーン
夢生がいないとCKの数が激減する。持ったらとにかく前にドリブル。失敗してもドリブル。おかしいなあ〜? 2008はダヴィっていう同じようなタイプがいて、チームが全然機能しなかったのに、なんで夢生は機能するのかと思ったら、CK取ったり、ドリブル成功してクロス上げたり、ツボを心得ているからなんだね。ダヴィも点は取ってくれたけど。
課題はシュートだけど、ホーム清水戦や、ホームマリノス戦のみたいに自分で絵を書けると冷静に決めれる。急にボールが来るとダメみたいw 二代目QBKにはならないで! それから海外行くならACL取ってからね!
26 新井辰也 DF (ごめん、今季はあまり見れてません)
27 花井 MF 今季もあまり見れてないけど、天皇杯で公式戦初ゴール。とっくに取ってるかと思ったけど。
今年寮を出たみたいだけど、twitterで見たあの食生活はまずい。早く嫁を!誰か!
28 田口泰士 MF (ごめん、今季はあまり見れてません)
29 久場光 FW (ごめん、今季はあまり見れてません)
31 長谷川 GK (ごめん、今季はあまり見れてません)
32 ハユマ DF

名古屋の鉄人。
もうプロ生活10年近いのに、去年初めて捻挫したらしい。疲れることを知らない。最初から最後まで、夏でも冬でも、全く同じレベルでプレイできる。これはすごいことだと思う。最近はクロスも合うようになってきた。来年はアシスト5本くらい決めて欲しい。

33 磯村亮太 MF 天皇杯の新潟戦で、PK最後のキッカーとして冷静に決めてくれました。ありがとう。
38 アレックス MF 年長者なのに、いじられキャラ。所属したクラブで全て優勝しているのかな? クロスの精度はたぶんチームで一番だと思う。
なんども言うけど、アウェイ浦和戦のジョシュに出したクロスは圧巻。アウェイ東京戦でのロスタイムの闘莉王への決勝クロスも、ホーム磐田戦でのクロスも高レベル。
出場時間は短いけど、きちんと結果を出すのはさすが。優勝した湘南戦で、いきなり太鼓持って現れたのが笑った(^^)。
50 よしなり GK ベンチで赤紙もらう熱い男。
正直ベンチにいるレベルでなく、楢崎じゃなければスタメンで出れる選手だと思うが、それでも腐らずしっかり準備をして天皇杯で結果を出すプロ中のプロ。
ベンチや控えの雰囲気が今季は抜群に良かったが、それは義成がいてくれたからだと思う。感謝。得点を取ったときに、ベンチを見るようになったよ、ああ踊ってるってね。

試合の総括はこちら
 グランパス2010総括 その1
 グランパス2010総括 その2

フッター広告







フッター広告







-グランパス
-

Copyright© salmomoのさるもも , 2018 All Rights Reserved.