ギター楽器機材

ギターのチューニングあれこれ(オープン・チューニング)

更新日:

左から6-5-4-3-2-1弦の順です。

  • レギュラー    E-A-D-G-B-E
  • オープンC     C-G-C-G-C-E
  • オープンCm  C-A-C-G-C-E
  • オープンD     D-A-D-F#-A-D
  • オープンD7   D-A-D-F-C-D
  • オープンDm  D-A-D-F-A-D
  • オープンE     E-B-E-G#-B-E
  • オープンEm  E-B-E-G-B-E
  • オープンF    F-F-C-F-A-C
  • オープンG    D-G-D-G-B-D
  • オープンG6  D-G-D-G-B-E
  • オープンGm  D-G-D-G-Bb-D
  • オープンA     E-A-E-A-C#-E
  • オープンAm  E-A-E-A-C-D

 

オープン・チューニングっていうのは、どこも押さえず(開放弦)にジャ~ンと弾いた時にそのコードが鳴るチューニング方法です。

スライドギターのときによく使いますが、ストーンズのキース・リチャーズなどは響きの面白さから使っているようです。

レギュラーチューニングでは絶対出せない響きとか出ますからね。Brown SugarやHonkyTonk woman、Tumbling Diceとかが有名ですが、自分はCan't you hear me knocking(オープンG)のリフが好きです。曲の後半は退屈ですが・・・(笑)。聞いてる方は退屈なんだけど、やってる(演奏してる)方は楽しいという典型的な曲です。

You Gotta MoveはスライドギターのオープンCでいい響きが出てます。

 

 

フッター広告







フッター広告







-ギター楽器機材
-, , ,

Copyright© salmomoのさるもも , 2017 All Rights Reserved.