ギター楽器機材

ストラトのピックアップ配線図について(その1・基本形)

更新日:

ピックアップなんかを自分で交換するとなると、まったく元通りにするとすれば別ですが、配線図が必要になってきます。

一番基本的なストラトの配線図

Fender公式サイトでも配線図は公開されていますので、それを紹介して行きましょう。
http://www.fender.com/en-JP/support/articles?section=downloads&category=stringed-instruments-service-diagrams

これが全ての基本形です。1Vol 2Toneで、真ん中のトーンがフロントに効いて、端のトーンがミドルに効きます。

これが全ての基本形です。1Vol 2Tone
これが全ての基本形です。1Vol 2Tone

 

こちらはSeymour Duncanのものです。ジャックまで書いてあってこっちのが分かりやすいかな。

全ての基本形です。1Vol 2Tone
全ての基本形です。1Vol 2Tone

 

 

COLD線とかアースとか書いてあるのは、黒い配線です。一方HOT線とか書かれているのは白だったり赤だったり緑だったり、ようするに黒以外の配線のことです。

 

今回は基本形の解説でした。

 

オススメギター用品

 

フロントとセンターのハーフトーンを一個のトーンコントロールで調節したり、リアにトーンが効くようにしたりする配線図はこちら

フッター広告







フッター広告







-ギター楽器機材
-, , , ,

Copyright© salmomoのさるもも , 2017 All Rights Reserved.