WordPress インターネット関連技術

自動でTwitterにつぶやくWordPressプラグイン

更新日:

 

WordPress › Twitter Tools « WordPress Plugins

日本語版 Twitter Toolsのプラグイン日本語化を配布 | WordPressのプラグイン日本語版を配布 | Lovelog+*.

Twitterと連携するWordpressプラグインはいろいろありますが、Twitter Toolsを使うことにしました。

以前はTweetableを使っていたんですが、「Twitterに記事を送信するか否か」を選べるTwitter Toolsを使うことにしました。Twitterに流さないような記事もあるんで。

このオプションがありがたい
このオプションがありがたい

 

最近TwitterのAPI設定がややこしいので、解説しておきます。

ここでアプリの登録をします。Sign in with your Twitter account | Twitter Developers

Twitterのアカウントでログインします
Twitterのアカウントでログインします

 ログインしたら

これをクリック
これをクリック

 

英語で書きましょう。

英語で書かないと削除されたりします。
英語で書かないと削除されたりします。

 

CAPTCHA入れて登録します。

で、登録をします
で、登録をします

 

登録したら、Settingタブに移動します。

Settingタブ
Settingタブ

 

Application typeをRead and Writeに変更します

Application typeをRead and Writeに変更します
Application typeをRead and Writeに変更します

 

で、Detailsタブに戻ります。

Detailsタブに戻る
Detailsタブに戻る

 

一番下にあるaccess tokenを作ります

access tokenを作ります
access tokenを作ります

 

作ったら設定をWordpressプラグインのTwitter Tools オプション設定に書き込みます

この設定をプラグインの設定に書き込みます
この設定をプラグインの設定に書き込みます

 

 


 

 

さて一応これで最低限の設定は出来たので、記事を公開したときに自動でTwitterにつぶやくはずです。

あとは、bit.lyの設定をしようと思います。

bit.lyは、URLを短縮してくれるサービスですが、アクセス統計も見れるので、投稿しつぶやきから何人の人がクリックしてくれたとかが分かります。

 

まずは、WordPressで「Twitter Tools - Bit.ly URLs」を有効化しておきます。

「Twitter Tools - Bit.ly URLs」を有効化
「Twitter Tools - Bit.ly URLs」を有効化

 

bitly | shorten, share and track your links. で登録します。
Twitterのアカウントでもサインインできるのですが、TwitterのアカウントでもサインインするとTwitter Toolsではbit.lyに変換できません。
なので、面倒でもSign Upしてアカウントを取りましょう。

bit.lyサービス
bit.lyサービス

 

このSettingsのところクリック

このSettingsのところクリック
このSettingsのところクリック

 

真ん中辺りにAPI Keyが書いてあります。

API Keyが書いてあります
API Keyが書いてあります

 

それを書き込みます。

APIキーを書き込みます
APIキーを書き込みます

 

 

 

フッター広告







フッター広告







-WordPress, インターネット関連技術
-, ,

Copyright© salmomoのさるもも , 2017 All Rights Reserved.