ギター楽器機材

ZO-3再生 その2(金属部分の掃除)

更新日:

ZO-3再生 その1(方針検討)
ZO-3再生 その3(メンテ方針)
ZO-3再生 その4(型紙作成)
ZO-3再生 その5(部品取り付けとデザイン)
ZO-3再生 その6(ステッカー貼りつけ)
ZO-3再生 その7(グランパスぞうさん完成)


今回は金属部分の掃除をしてみた。使用したのは万能磨き液ピカール。
ピカール\378
こんなに汚かったのが、綺麗になりました。さすがピカール。
キタナイZO-3のペグ  綺麗になったでしょ?
ブリッジもこの通り、結構ピカピカ。さすがピカール。
キタナイZO-3のブリッジ 綺麗になったZO-3ブリッジ
これだけ綺麗になるとちゃんと電気関係直して組んでやらないとかわいそうな気もするけど、写真で波打ってるのが分かるほど減っているフレット。
フレットも写真で波打ってるのが分かるほど減っている
遠目からだと少しマシだけど、近いとひどい傷だらけのゾウさん。
遠目からだと少しマシだけど 近いとひどいでしょ。傷だらけのゾウさん
で、(フレット以外)一通り磨いたところで、通電してみた。音は出るっぽい。
さてどういう方針で直そうかなっと。
ググッてみると、オバドラを内蔵とかしてるのがあったりする。でも回路を自作できるならいいけど、キットを買ってまでやることじゃないなって気がしてきた。だって高いんだもん。あんなん部品代だけなら500円もしないのに、ひどい。
金属関係は一生懸命磨いたので結構綺麗になった。ただボディの傷が汚すぎるので、やっぱり塗装したい! ただ塗装で一番大変なのは、元の塗装を剥がすことなんだよね。力がいるし、ホコリは飛び散るし。
庭でやろうと思うけど、今の時期はさすがにヤル気がしないので、秋になったらまた考えることにします。ということで塗装は涼しくなるまで保留!
とりあえず前に書いたVolポットとジャックとストリングスガイドとナットとトグルスイッチを交換しようかな。
ZO-3は手軽に弾けて耳コピとかにすごい便利なんだよね〜。
付録:ネック裏にシリアルが打ってある。詳細分かる方教えてください。
ZO-3のネック裏ハンコ8011?

フッター広告







フッター広告







-ギター楽器機材
-, , ,

Copyright© salmomoのさるもも , 2017 All Rights Reserved.