【グランパス】2016/03/12 J1-1stステージ-3節 アウェイ川崎戦・観戦記(2●3)

 

 

さて、2016/03/12  J1-1stステージ-3節 アウェイ川崎戦・観戦記(2●3)です。

2016/03/12 J1-1stステージ-3節 アウェイ川崎戦・観戦記(2●3)
2016/03/12 J1-1stステージ-3節 アウェイ川崎戦・観戦記(2●3)

試合結果(名古屋グランパス公式サイト)

試合の概要

立ち上がりから圧倒的なボールポゼッションと技術を見せつけて相手を圧倒したのは川崎F。全くといっていいほど名古屋にボールを持つ時間を与えず、敵陣で余裕を持ってボールを動かしていく。6分にはFWエウシーニョが右サイドからペナルティエリア内に進入し、MF中村 憲剛と細かなワンツーを決めて左足を思い切り振り抜く。これがネットを揺らし、あっさりと川崎Fが先制。昨季のリーグ戦で8ゴールを記録したエウシーニョは、これがうれしいシーズン初ゴールとなった。その後も名古屋の空けるスペースを突き続けてゲームを進めた川崎Fだったが、26分にMF松田 力にゴールを許し、同点とされる。MF古林 将太のクロスをFWシモビッチが的確に落としたボールに反応した松田のシュートは、川崎FのGKチョン ソンリョンが一歩も動けないコースへと突き刺さった。

内容とは裏腹に、1-1というイーブンの状況で後半に入ると、川崎Fの攻撃のリズムが落ち始める。そして63分、MF永井 謙佑が左サイドからドリブルで中へ切り込み、ペナルティエリアの外から見事な逆転弾を記録。その後はこう着状態が続き、双方ともに大きなチャンスは訪れることなく時間が経過….
http://www.jleague.jp/match/j1/2016/031207/live/#recap

試合雑感

またしても勝てた試合を落とした気分。一時は逆転していたんだから、なおさら悔しいです。

川崎はリードを許したこともあって超攻撃的布陣。何度もカウンターを出せたけども、一回しか実らなかったのは攻撃の熟成不足でしょう。

守備は上手くやっていたんですが、あれだけボールをキープされると、やはり終盤に足が止まってしまい、やられてしまいました。

川崎はああいう攻撃で来るというのは分かっていることなので、カウンターが決まれば良かったんだけどなあ。

ただ気持ちは見えた。シモビッチは三連続得点は無かったけども、周りもよく見られるタイプで頼もしい。しっかりとした足技で松田のゴールをアシスト。

その松田。前節広島戦でも動きの良さを買われて、スタメンで出て結果を出しました。こういう実力主義はチームが活性化します。選手の気持ちを大切にする小倉監督らしい采配です。

これで開幕三試合。いろいろと出来てないこともあるけど、できていることもいっぱいあるし、新人監督もいろいろ勉強中。

このままいい方向に進めば…と思えるので、是非上手くいってほしいものです。


さて、次は鹿島を倒してきて調子が上向きな仙台をホーム瑞穂に迎えます。仙台にもここ数年勝ってない気がしますが、是非ここでオグランパスのホーム初勝利を期待します!


2016グランパス 戦績一覧表(得点者・アシスト)随時更新中

↓読んで面白い役にたったイイネ!と思ったらポチってください

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスエイトへグランパス・ブログ村(他にもグランパス関係の面白いブログが沢山あります)



以上本文終わり(544 views)







2件のコメント

  1. 瑞穂の試合は割と近いので見に行きたいな〜と思うんですが、結局年に1回くらいになってしまいます^_^

    音楽ブログのpvランキングからきました

    • コメントありがとうございます。僕なんか遠いので羨ましいです。トヨスタも是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントスパム対策のため、計算の答えを入力願います *
Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.